センサーカメラによる都市緑地における、動物の分布観察。

[紹介論文] 玉川学園内における赤外線自動撮影カメラによる哺乳類の出現様式

[論文URL] https://ci.nii.ac.jp/naid/120005867674

レビュー
Like0
お気に入り

本論文では自動撮影式の赤外線カメラ(センサーカメラ)を五台から六台をもちいた。センサーカメラは大学のキャンパスの調査地点で、夜間や日中を含め動物を撮影し、データを集積した。

近年では、動物と人間をめぐる関係は変化しており、都市緑地における、定量的な調査は里山などの動物活動の把握などに活かされると考えられる。

本調査においては三種類の動物が多く撮影された。ホンドタヌキ、ノネコ、ハクビシンである。それらはカメラに同時には撮影されず、移動箇所を重ねあわせないことで、棲み分けていることが示唆された。また絶滅が危惧されているオオタカが二例撮影された。

分野/キーワード:

コメント

X
- Enter Your Location -
- or -
パスワード再発行
お気に入り
  • Total (0)
0