正露丸が寄生虫アニサキスを殺す:世界初の特効薬か

[紹介論文] K. Matsuoka and T. Matsuoka (2021) Over-the-counter medicine (Seirogan) containing wood creosote kills Anisakis larvae. Open J. Pharmacol. Pharmacothr. 6(1): 9-12.

[論文URL] https://bityl.co/7pen

著者解説
Like+12
お気に入り

アニサキス幼虫は、サバやカツオなどの刺身に隠れている1〜3cmくらいの線虫で、この線虫が原因のアニサキス食中毒は、年々増加傾向にある。アニサキスは胃や腸の粘膜に、頭部を突き刺して暴れ回り、消化管の粘膜に潜り込もうとする。まれに、消化管の壁を突き破って腹腔に入り込むという最悪のケースも報告されている。アニサキスに食いつかれると、激しい腹痛やアレルギー症状が現れる。現在、アニサキスを殺す特効薬は存在しない。このため、胃アニサキス症の場合は、病院で内視鏡を使って摘出する以外に方法はない。2011年に関本ら は、in vitro実験により、正露丸がアニサキスの活動を抑制することを示した(Sekimoto et al., 2011)。さらに、正露丸服用により腹痛を和らげる効果があったという症例(2例)を報告した(Sekimoto et al., 2011)。しかし、「アニサキス食中毒に正露丸が本当に効く」という裏付けが十分になされているとは言えず、インターネット上には、専門家の否定的な見解も多く見られる。

最近、我々(高知大学理工学部の松岡らの研究グループ)は、「正露丸がアニサキスを麻痺させるだけなのか、殺虫効果があるのか」という根本的な問題を、死んだ組織を選択的に青く染めるトリパンブルー染色を用いて明らかにした。すなわち、1回服用量の正露丸(3粒)を、30mLのpH2の液(=空腹時の胃液の量)にアニサキスを30分間浸すと、ほとんどすべてのアニサキスが運動を停止し、運動を停止したアニサキスを24時間後にトリパンブルー染色すると、ほとんどの個体が部分的あるいは全体的に青色に染まった。この結果は、正露丸処理したアニサキス組織が死につつあることを示しています。

注釈)アニサキスの生死判定について:これまでの研究論文では、薬剤処理などにより動きを停止したアニサキスが1〜2日後に動き出さなければ、「死んだ」と判定されてきた。しかし、この判定は、確かな科学的エビデンスに基づいたものとは言えない。そこで、我々は、死んだ細胞を選択的に染色することができるトリパンブルー染色を用いた。

生きたアニサキスは胃液の消化酵素で分解されず、一週間近く生きているが、正露丸液に30分間浸したアニサキスは、胃と同じ濃度の消化酵素(ペプシン)に浸すと、24時間以内に分解が始まった(Fig. 1)(動画:https://www.youtube.com/watch?v=-9Pf6rtXE9Y)。この結果は、「正露丸がアニサキスによる胃の激痛を和らげる」という症例報告を実験的に裏付けたことになる。

大幸薬品のOgataらの研究(2020)により、正露丸の主成分である木クレオソートが、アニサキスのアセチルコリンエステラーゼという酵素を特異的に阻害することが明らかになっている。正露丸によるアニサキスの運動抑制や殺虫効果は、木クレオソートがアニサキス・アセチルコリンエステラーゼを阻害することによってもたらされると考えられる。

文献

Sekimoto M, Nagano H, Fujiwara Y, Watanabe T, Katsu K, Doki Y, Mori M (2011) Two cases of gastric anisakiasis for which oral administration of a medicine containing wood creosote (Seirogan) was effective. Hepato-Gastroenterology 58: 1252-1254. Link: https://bit.ly/3Abydmw

Ogata N, Tagishi H, Tsuji M (2020) Inhibition of acetylcholinesterase by wood creosote and simple phenolic compounds. Chem Pharm Bull 68: 1193-1200. Link: https://bit.ly/2SCRDzV

 

追記

今後の展望:

たとえば、ある細胞内分子を標的とした薬のように、試験管レベルで特効薬的効果があっても、治療薬として使える薬はほとんどありまん。経口的に摂取した薬は、消化管→血液→標的細胞といった経路をたどり、標的分子にまで到達します。しかし、有効量が標的分子まで到達することは稀でしょう。奇跡的に有効量の薬が標的分子まで到達し、特定の反応経路を阻害できたとしても、眠っていた別の系が補完的に働き始めれば、たちまち薬は効かなくなります。また、薬は必ず複数の経路に作用するので、多かれ少なかれ副作用が現れます。そのような理由で、医療の現場で使える薬は、研究室レベルで開発された膨大な数の薬のうちのほんのわずかです。

しかし、正露丸の場合は、経口的に摂取した薬量が胃のなかにいるアニサキスに直接作用しますので、シャーレでの実験環境とほとんど同じ状態です。シャーレの実験で90%アニサキスが死ぬなら、胃の中でも90%くらい効くだろうという推察は、的外れな推察ではないと思います。シャーレと胃とで違うのは、アニサキスが頭部を胃壁に突っ込んでいるかいないかといったことくらいです。胃壁に頭部を穿入させているアニサキスを想定して、虫体の後部のみ正露丸処理した場合は、処理された部分のみ運動が停止し、その部分のみペプシン分解されます。この結果は、正露丸成分がアニサキスの体表から浸透して作用することを示しています。よって、アニサキスが頭部を胃壁に突っ込んでいても正露丸は作用することを示しています。

このような理由で、正露丸やその有効成分が、アニサキスを殺虫する世界初の特効薬になる可能性は高いと思います。しかし、アニサキス駆虫薬として薬機法で認可され、医療の現場でも使用可能になるには、さらなる臨床研究が必用になります。

お願い:

この研究結果はシャーレの中での実験(in vitroの実験)結果であり、正露丸やその成分は、まだアニサキス症治療薬として薬機法で認可されていません。さらなる臨床研究による検証が必用です。

最後にひとつお願いがあります。専門医の先生によると、刺身を食べた後の腹痛であっても、アニサキス症ではなく、別の深刻な命に関わる病気のこともあるそうです。アニサキスが消化管の壁を突き抜けて、腹膜炎を起こしていることも。症状が和らいでも専門医を受診することが、安全•安心です。

分野/キーワード:

論文ナビに登録すると・・・
①最新情報をメールでお届け!
  • 話題のニュース一覧
  • 注目のプレスリリース
  • 論文解説・最近のイベント
②論文解説記事の投稿
  • ご自身の論文の解説
  • 読んだ論文のメモ
  • 研究に関する情報のシェア
③セミナー情報の宣伝
  • ご自身が主催するイベント情報を投稿してシェア
  • ユーザーで作るセミナー日程まとめに参加
【併せて読みたい関連記事】
X
- Enter Your Location -
- or -
パスワード再発行
お気に入り
  • Total (0)
0