障害物が避難を加速する!?

[紹介論文] D. Yanagisawa, A. Kimura, A. Tomoeda, R. Nishi, Y. Suma, K. Ohtsuka, and K. Nishinari (2009) Introduction of frictional and turning function for pedestrian outflow with an obstacle. Phys. Rev. E, 80(3), 036110.

[論文URL] https://journals.aps.org/pre/abstract/10.1103/PhysRevE.80.036110

著者解説
Like0
お気に入り

本研究では、群集運動のセルオートマトンモデルに「衝突の強さ」と「方向転換による減速」という二つの要素を加えた。この新しいモデルを使ってシミュレーションを行うと、狭い出口の避難においては、出口手前に障害物があると総避難時間が短くなる場合があることが分かった。そこで実際の人による実験を行い、確かに障害物によって総避難時間が短縮されることを確認した。

分野/キーワード:

論文ナビに登録すると・・・
①最新情報をメールでお届け!
  • 話題のニュース一覧
  • 注目のプレスリリース
  • 論文解説・最近のイベント
②論文解説記事の投稿
  • ご自身の論文の解説
  • 読んだ論文のメモ
  • 研究に関する情報のシェア
③セミナー情報の宣伝
  • ご自身が主催するイベント情報を投稿してシェア
  • ユーザーで作るセミナー日程まとめに参加
X
- Enter Your Location -
- or -
パスワード再発行
お気に入り
  • Total (0)
0