永久機関について

著者解説
Like+1
お気に入り

永久機関を知っているだろうか。永久機関とはその名の通り永久にエネルギーを作ることのできるものをいう。現在の科学力では絶対に作ることができないと言われている。もし永久に湧き出る水源と永久に朽ちない水車があれば作れるがそんなものは存在しない。しかし永久機関に似ているものは多くある。身近だとハンドスピナーもそうだ。ベアリングが周り連動して回転するハンドスピナーだかいずれは止まってしまうので永久機関ではない。永久機関に似ているものの中で最も永久機関に近いのは太陽だと思います。人間の時間的には太陽が一番なのではないでしょうか。

人間には絶対作れない永久機関ですがこんなにも学者を惹きつけるのは、やはり作れたら無限エネルギーを生成することができ、今の世界環境を変えられるからかもしれません。

論文ナビに登録すると・・・
①最新情報をメールでお届け!
  • 話題のニュース一覧
  • 注目のプレスリリース
  • 論文解説・最近のイベント
②論文解説記事の投稿
  • ご自身の論文の解説
  • 読んだ論文のメモ
  • 研究に関する情報のシェア
③セミナー情報の宣伝
  • ご自身が主催するイベント情報を投稿してシェア
  • ユーザーで作るセミナー日程まとめに参加
【併せて読みたい関連記事】
X
- Enter Your Location -
- or -
パスワード再発行
お気に入り
  • Total (0)
0