Gritの忍耐強さが大学初年度GPAを向上させる

[紹介論文] Winnie Chang (2014) Grit and Academic Performance: Is Being Grittier Better? . Open Access Dissertations. 1306.

[論文URL] https://scholarlyrepository.miami.edu/cgi/viewcontent.cgi?article=2319&context=oa_dissertations

レビュー
Like+7
お気に入り

Grit-Sによって計測された忍耐(Perseverance of Effort)が、大学の初年度GPAに正の影響を与えていたという研究。

SAT(Scholastic Aptitude Test)の得点も正の影響があり、女性は初年度GPAが高く、人種によってはGPAは低かった。

また、情熱(Consistency of Interest)は初年度GPAに負の影響を与えていた。

 

 

2018/05/14 追記

情熱(Consistency of Interest)因子は逆転処理がされているものだと思っていましたが、どうもそうではなかったようなので「一貫性の無さ」と訳す方が適切だったかもしれないです…。

分野/キーワード:

論文ナビに登録すると・・・
①最新情報をメールでお届け!
  • 話題のニュース一覧
  • 注目のプレスリリース
  • 論文解説・最近のイベント
②論文解説記事の投稿
  • ご自身の論文の解説
  • 読んだ論文のメモ
  • 研究に関する情報のシェア
③セミナー情報の宣伝
  • ご自身が主催するイベント情報を投稿してシェア
  • ユーザーで作るセミナー日程まとめに参加
X
- Enter Your Location -
- or -
パスワード再発行
お気に入り
  • Total (0)
0