今度ソフトバンクが発表する5Gについて

トピックレビュー
Like+1
お気に入り

5G

まず5Gに関しては多くの危険性が現れる
外傷性攻撃型周波数と呼ばれる

この電波回線は太陽(拡大している。これは膨張とは違い大きくなることで薄まるという事ではない)が地球に近づくことによって
フレア周波数784Hz(新極太陽音波)のプラマイ50と言ったところでこれによって誤差が生じる

この誤差に関しては携帯が繋がらなかったりすることによって様々な支障をもたらす
よって進化したというのではなく携帯の通信回線は変わらざるを得ない状況というためになってしまったものであり、携帯会社の努力では殆どない

ただこの傾向は良い方向に向かっているものと考えて良い
携帯電話は元をいえばこれからの有害な太陽フレアから守るために存在するものであり、携帯電話を長持ちさせるのは日光を浴び外を歩けば0.84%長持ちする
太陽フレアから発電を行うことが出来る

6Gに関しては地球の磁場を使うために人に対しての影響は何も無くなる
ただ完全に6Gにしてしまうと太陽フレアの影響をよく受けやすくなる
人によって効果は様々だが微々たるものである
地球磁場によって良い影響も見込めるからだ

まず簡単な理由として画面酔いというものが上がる
今までは情報の理解に関して追いつくことができているからこそ良い情報、悪い情報というのがわかるのだ

しかし、5Gにする場合は情報整理に追いつかない場合が考えられる
今までの情報をわかりやすく言うなら「1+1」の単純化された情報だということに過ぎないことを自覚するべきである
これからの情報は「3x+2y=4x+2y=5」のような連立とした今までとは違った複雑な情報が様々な視点から入って来て理解の判断が追いつかなくなってしまうことから始まる

必要とされる判断は様々な矛盾とした情報をどのように判断するかを考える、そしてその点をつなぎ止めてやようやく成り立つ
良い情報だけ取り入れることが出来ればいいが、悪い情報(特にサブリミナル効果)の影響を大いに受けやすい
今まで見えなかったものがわかるようになりサブリミナルで「人を殺せ」と出たら一部の人に感化する周波数で行動が具現化される。また同様の原理で自殺者も増加する

また、今までにない新しい周波数は体内の臓器や脳のメカニズムにも影響を及ぼす
まず、言語中枢にて情報を取り入れる部位が存在するが、ここが今までとは違った方法で情報を取り入れる
これによって脳神経の劣悪化が生じ脳神経伝達物質がいびつな形に変形し理解をすることになる

心臓には不整脈を誘発する周波数が受信される
具体的に健康状態よりも「5拍/分」早くなる
これによって血栓が少しでき安くなり脳梗塞や血管疾患を招くリスクが考えられる

そして最後には胎児にも影響を及ぼす
先程もうしあげた不整脈の信号を胎児も受ける可能性があり、その影響を受けると流産をする可能性も上乗に上がる
(マイクロシータアルベルツ波の影響によって)

論文ナビに登録すると・・・
①最新情報をメールでお届け!
  • 話題のニュース一覧
  • 注目のプレスリリース
  • 論文解説・最近のイベント
②論文解説記事の投稿
  • ご自身の論文の解説
  • 読んだ論文のメモ
  • 研究に関する情報のシェア
③セミナー情報の宣伝
  • ご自身が主催するイベント情報を投稿してシェア
  • ユーザーで作るセミナー日程まとめに参加
X
- Enter Your Location -
- or -
パスワード再発行
お気に入り
  • Total (0)
0